個人再生はいくつかの不利な条件があります

一番は高い費用がかかることで、減額した以上に、弁護士に払う金額が多いなんて事もあります。しかも、この手段は手続きが長期間になるため、減額が適用されるまでに沢山の時間を要することがたくさんあります。どのような債務整理であれ、一度でもすればJICCやCICなどの個人信用情報に掲さいされるのは間違いありません。その結果、新規のローンなどは出来なくなるのはもちろん、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。要するにクレジットカードやキャッシングカードなどは一切もてないので、新たにカードを創ろうとしても審査落ちするでしょう。

いま現在ある借入れについては、債務が帳消しになる所以ではありませんから、完済にむけて支払いを続けていきます。

借金の整理がしたいのは山々だが所持しているクレジットカードを無くしたくなければ、任意整理という方法で債務整理を行なうことにすれば引き続き持っていられる可能性もあります。
任意整理は任意の債権者を選定して整理が可能な制度のため、残したいカード会社を除いた債権者とだけ任意整理を行えばカードを失わずに済みます。沿うは言っても、どうしても任意整理を行なう以上、信用情報には事故記録が載ってしまいますから、それが原因でカード更新時に恐らく利用停止となるでしょう。どのような内容であろうと、弁護士には全て正直に話してちょーだい。互いの信頼関係に関わります。債務を整理のために自己破産するのは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証する所以です。

ここがきちんと証明されていなければ、借金の整理も自己破産もできないうえ、債権を放棄した会社も納得しません。
このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、間違っても嘘をつくようなことはしないでちょーだい。
借金地獄が辛くて死にたい